ワインの最高級クラスは酸っぱいらしい


高級なワインは、私のような庶民は飲んだことが無い。
普通に高いというものではない。
100万円くらいするような最高級のワインのことだ。
私なんかは、そんな最上級のワインは
コクと風味と香りが、なんだか豊饒で凄く美味しいのだろうという
貧相な想像しかできない。

しかし、テレビ番組によれば
100万円もするようなワインは酸味が凄いらしいのだ。
つまり、酸っぱいワインらしい。

そんな最高級なのに 酸っぱいの?
と私なんかは疑問が残るが、
なんだかよくわからないが理由があるのだろう。
もちろん、ただ酸っぱいだけでは断じてない。
飲んだことが無いから想像だが
美味しい酸っぱさなのだろう。
たぶん、私が飲んでも
その味の凄さはわからないのだろう。
ワイングラスも高級なものをつかわなければ
つり合いが取れないだろうなあ。

コメントは受け付けていません。