欲ばりすぎてはいけない


2013年7月27日のブックメーカー「William Hill(ウィリアム ヒル)」の記録。

ブログ作者の分身である私たち3人は、今日もブックメーカーのスポーツベッティングで戦っていた。
狙いがハマり、連続で19回当たっていたのだ。
そして今日20回目のベッティング。
果たして勝利で終われるのか?

状況

日狩 ぐわ~~! 負けた!!
月美 まったく何なんだ?20回目は負ける呪いでもかかっているのか?
あすか このブログを読んで下さっている方のために解説しましょう。
私たち3人はウィリアムヒルのサッカーで、オッズ1.1倍を何度もベットし、
なんと19連勝してしまったのです。そしてキリのいい20回目で今日はもうやめておこうと思い、最後のベットをしたとたん負けてしまったのです。
日狩 きのうといっしょじゃん(泣)
明日香 そうなんです。昨日も同じようにサッカーで1.1倍を何度もベットし、
19連勝したあと20回目で負けてしまったのです。


ベッティング方法

月美 しかたない。気を取り直して今これを読んでいるあなたのために
少しだけ私たちが19連勝もした方法をお教えしよう。
明日香 やり方はシンプルです。
サッカーのベット項目の中の「5分のベッティング」の中の
「GOAL scored in the next 5 minutes?」「いいえ」にベットするのです。
ベットした5分の間に得点が入らなければ私たちの「勝ち(当たり)」になります。



5分のベッティング


日狩 簡単でいいよね~。
月美 早く決着がつくということは、精神的ストレスを受ける時間が短いということもあるんだが、さらに、「ベットできるチャンスが多い」という大きなメリットもあるのだ。
明日香 そうなんです。普通にマネーラインなどに賭けてしまったら、
試合が終わるまで賭けたお金は戻ってきませんよね。
でも、「5分のベッティング」なら(当たっていた場合は)5分後にはお金が戻ってくるので
より多く何度もベッティングできるんです。
月美 あと、一番大事なのはベットするタイミングなんだ。
これだけは「企業秘密」でまだ言うわけにはいかない。
私たちは何度も何度も失敗し、負けを繰り返しながらたどり着いた方法だからだ。
この「5分のベッティング」は、簡単そうに思えるんだが、
普通にやれば10回やって1~2回はハズレてしまうものなんだ。
日狩 だから、私たちの19連勝ってけっこうすごいんだよ~。
明日香 そうですね、最後に負けはしましたが 今日はきちんとプラスになっています。
日狩 よ~し、それじゃぁ明日は20連勝狙っちゃうよ~!
月美 それは破滅の思考だぞ、ヒカリ。私たちはギャンブラーじゃないんだ。
私たちがしているのはギャンブルではなく資産運用なんだ。
データを取り、勝つ方法を見つけて「勝つべくして勝つ」それが私たちのやり方じゃないか。
日狩 は~い、わかってま~す。
あすか 明日も今日と同じように慎重にいきましょう。


最後に

ブログ作者 最後に私の方からも少しだけ。
この「5分のベッティング」は どのタイミングでベットするのかが大きな鍵となります。
上で月美が言っているように、適当にやれば10回中1~2回は外れてしまうものなのです。
昨日19連勝、今日19連勝したのは事実です。
やってみるとわかると思いますが、19連勝というのはかなり難しいことだと思います。
勝率を高めるための何らかの工夫が必要になってきます。
その工夫の一つがデータ取りです。
データを取って、今の自分の賭け方は勝率何%くらいなのかは最低知っておきましょう。

.

コメントは停止中です。

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • ブックマーク・ お気に入り

  • おすすめ情報